髪でお悩みのあなたに!

女性若年性脱毛症

髪,育毛,若年性脱毛症,

 

 

 

 

 

 

 

 

過度なダイエット

 

髪,育毛,若年性脱毛症,

 

 

女性の若年性脱毛症が原因で
特に多いのは無理なダイエットの
関係しています。

 

健康な髪の毛を維持するためには、
女性ホルモンに含まれている
エストロゲンが必要不可欠です。

 

エストロゲンは、髪の毛を成長させる
のに重要な働きをしています。

 

また、健康で美しい髪をつくるためには
バランスのとれた栄養を摂り続けることが
必要です。栄養バランスが乱れたり
不足すると、薄毛になる可能性が
あります。

 

無理なダイエットの結果、栄養バランスや
ホルモンバランスが乱れ、自律神経の
乱れやストレスの原因になることがあります。

 

自律神経が乱れる影響で血流が悪くなり、
頭皮と髪に栄養が行き届かなくなります。

 

そのため、ヘアサイクルが乱れてしまいます。
若年性脱毛症を防ぐためには規則正しい
生活とバランスのよい食生活を心がける
ことです。

 

 

エストロゲンとは

 

髪,育毛,若年性脱毛症,

 

 

エストロゲンは女性ホルモンのひとつで、
卵胞ホルモンとも呼ばれています。

 

脳の視床下部から脳の下垂体を刺激
するホルモンが分泌されると、下垂体が
反応して性腺刺激ホルモンを分泌します。

 

すると、それに卵巣が反応し、卵巣の中で
眠っている卵胞のうちの10〜20個が成長を
始め、この卵胞の成長をサポートするのに
卵巣から分泌されるのがエストロゲンです。

 

 

適切なシャンプー選び

 

 

 

 

シャンプー剤には、「弱アルカリ性」 と 
「弱酸性」 があります。

 

毛髪はアルカリ性に弱く、表面が
削られてしまいます。

 

削られると髪が細くなり、全体的に
ボリュームがなくなります。

 

弱酸性は、アミノ酸系シャンプーや
高級アルコール系シャンプーなどです。

 

洗浄力は弱アルカリ性のものより
穏やかですが、髪と頭皮にマイルドな
アミノ酸系シャンプーを選ぶことを
おすすめします。

 

 

パーマ・ヘアカラー

 

髪,育毛,若年性脱毛症,

 

 

ファッションの一部でもあるカラーリングや
パーマ。髪への負担を考えればパーマ・
カラーはしない方が良いですが、若い
女性ならば、しない人は少ないですね。

 

カラーリングやパーマも髪の毛にはストレスを
与えています。

 

パーマ・カラーリングを繰り返すことで、
毛根を傷つけたり頭皮を傷めます。

 

毛根や頭皮へのダメージは髪の健康な
成長を妨げ、ヘアサイクルを乱します。

 

ヘアサイクルを保つためには、ヘアカラーや
パーマは2ヶ月以上の感覚をあけるように
心掛け、スタイリング剤はしっかりと落とす
ようにしてください。

 

 

血行不良

 

喫煙は血行不良を招き、毛髪に悪影響を
及ぼします。

 

ニコチンが体内に入り、毛細血管が収縮
します。身体の血流が悪くなり、皮膚の
温度を低下させてしまいます。頭皮は、
喫煙後の数分で表面温度が低下します。

 

毛細血管の収縮は、毛根への血流量も
減らしてしまい、血液が毛根へ充分な
栄養を届けることができなくなります。

 

その他、睡眠不足や運動不足も
血行不良の原因を招きますので
規則正しい生活を心掛けてください。